ツゲインとは?

ロゲインのジェネリック医薬品

ツゲインはアメリカに本社を置くジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売する外用育毛剤です。

ロゲインのジェネリック医薬品ですので、その成分や効果はロゲインと同等とも言われています。
ミノキシジル含有濃度によって女性用(2%)、男性用(5%と10%)のものに分けられ販売されています。

ツゲインはジェネリック医薬品ということもあり、比較的安価に入手することができるのも人気の理由です。
また、「他の育毛剤よりも低刺激」と感じる使用者も多いことから、育毛ケアの入門として検討してみるのも良いかもしれません。

ツゲインの効果・効能

頭頂部への育毛効果と抜け毛の軽減に期待

ミノキシジルの効果によって毛母細胞が活性化し、脱毛を抑制し育毛を促進します。

AGA(男性型脱毛症)の改善に効果を発揮するのは勿論ですが、ミノキシジル含有の育毛剤の中では特に「頭頂部への育毛効果と抜け毛の軽減」を体感された方が増えています。

効果が現れるまでには個人差もありますが2~4ヶ月と言われていますので、継続的に使用することが重要です。
また、5%と10%のものでアルコール濃度に違いがあり、ツゲイン5%では一般的なアルコールによる刺激を感じやすく、10%ではまったくと言っていいほどアルコールによる冷却感を感じることが少ないようです。

効果だけを見てみるとミノキシジル含有の他の育毛剤との大きな違いはほとんどありません。
ジェネリック医薬品である以上仕方がないとの見方も出来ますが、個人の相性によっては安心して使用できる育毛剤にもなりますので、細かな効果や使用感の違いを確かめてみるという意味では一度手に取って使用してみるのも良いかもしれません。

プロペシアとフィンペシアの違いとは?

成分・効果は一緒!価格が違う!

AGAの有効な治療プロペシアは、金銭的な面でなかなか使いづらいものとなっています。

しかし、フィンペシアはジェネリック医薬品として有名であり、プロペシアの代わりとして使われることも多い薬です。
価格は非常に安価であるのが特徴で、多くの人が利用できるようになっています。

基本的な成分はプロペシアと変わらないため、プロペシアを利用できない人にとっては大きな味方となっており、男性型脱毛症の治療をしている人の中にはプロペシアではなくこのフィンペシアを使用している人も非常に多くいます。
それだけ期待されている薬といえます。

このページの先頭へ