プロペシアは、どういった医薬品?

世界初の「飲む育毛剤」

最近になり男性型脱毛症というものが有名になってきました。
そのため薄毛で悩んでいる人の改善策となる有効な薬もその名を耳にすることが多くなってきています。
その中でも多くの人に使用されているのがプロペシアと呼ばれる医薬品です。

このAGA(男性型脱毛症)の治療を施す、医療用医薬品として効果と安全性が認められた、米国医薬品メーカー、メルク社が開発した錠剤タイプの世界で初めてとされる『飲む育毛剤』です。
男性型脱毛症に非常に効果を発揮するとされる薬です。

もともとは前立腺肥大症の治療薬として使用させていたのですが、その後の研究によって男性型脱毛症にも効果があることがわかりました。
日本で正式に認められたのは2005年と比較的最近ですが、その前から世界の多くの国々で薬として使用されていました。
多くの人がこの効果を実感しており、効果的な薬とされています。

プロペシアの効果・効能

主成分であるフィナステリドが効果を発揮

プロペシアは男性型脱毛症の改善策の一つとして有効な薬となっています。
その効果は多くの人が経験済みです。
プロペシアの主成分はフィナステリドとなっています。

この有効成分であるフィナステリドをプロペシアと同意義に使う人もいるので、混乱しないようにする必要があります。

このフィナステリドは男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を大きく妨げる効果があります。
ジヒドロテストステロンはテストステロンに5aーリダクターゼという物質が作用することで生成されます。
フィナステリドは5aーリダクターゼを直接阻害する為、結果的にジビドロテストステロンの生成を抑制することができるようになるのです。

その結果毛髪の健康状態が良くなり、脱毛の抑制や発毛につながっていきます。

プロペシアとフィンペシアの違いとは?

成分・効果は一緒!価格が違う!

AGAの有効な治療プロペシアは、金銭的な面でなかなか使いづらいものとなっています。

しかし、フィンペシアはジェネリック医薬品として有名であり、プロペシアの代わりとして使われることも多い薬です。
価格は非常に安価であるのが特徴で、多くの人が利用できるようになっています。

基本的な成分はプロペシアと変わらないため、プロペシアを利用できない人にとっては大きな味方となっており、男性型脱毛症の治療をしている人の中にはプロペシアではなくこのフィンペシアを使用している人も非常に多くいます。
それだけ期待されている薬といえます。

このページの先頭へ