ミノキシジルとは?

テレビCMでも有名な育毛剤の主成分

発毛効果が高い有効成分ミノキシジルもAGA(男性型脱毛症)に効果がある医薬品です。
テレビCMでも有名な育毛剤の主成分としてもミノキシジルは使われており、フィンペシアと兼用すると、さらに高い効果が期待できます。
ミノキシジル配合医薬品は以下となっております。

【ロニタブ】
ブランド:インタスファーマ
有効成分:ミノキシジル
商品形状:ピル

ロニタブは、通常1日1錠服用して下さい。
ロニタブは1度の服用の量を増やしても効果は変わらないので、1日1錠にしましょう。
飲み忘れを防止するために毎日同じ時間帯に服用することをオススメします。

ミノキシジルの効果・効能

もともとは血管拡張剤として開発された

ミノキシジルとは、1960年代に血管拡張剤として開発された成分で、元来は高血圧症を改善させる薬として使用されていました。

その後、服用していた患者から毛髪が増えたという報告が相次いだことにより、発毛促進成分としても注目されるようになりました。
もともと血管拡張剤として開発されたミノキシジルが、なぜ発毛効果に繋がったのでしょうか。

それは高血圧患者向けに作られた成分ということもあり、ミノキシジルには血圧を下げるための作用があり、血圧が下がると血流が良くなるという効果もあります。
元気な髪の毛が成長するために必要なものの一つは、髪の毛のもとになる毛母細胞への十分な栄養補給です。この栄養は血液にのってやってきます。

ミノキシジルを投与した高血圧患者の頭皮に発毛効果が見られたのは、血圧が下がったことにより毛母細胞へ栄養が十分に補給されるようになったためなのです。

ミノキシジルの副作用

低血圧や肌荒れの可能性有!

発毛効果が期待できるミノキシジルですが、もちろん副作用が出る可能性もあります。

例えば血管を拡張させて血流を良くする効果がありますが、この作用が効きすぎてしまうと低血圧になる可能性があります。

さらに、血流が良くなることで皮脂の分泌が過剰になりニキビや肌荒れといった症状が出る可能性もあるのです。

このページの先頭へ