AGA(男性型脱毛症)の対策方法

できることからコツコツとはじめよう

AGA(男性型脱毛症)の進行を抑えるには、多角的な育毛ケアが重要であり、治療薬だけに頼るだけでなく『生活習慣全般』で取り組むことが大切です。
AGA治療薬を使わずに生活習慣の中で行えるAGA対策のポイントはたくさんあります。
髪には良い習慣と悪い習慣があり、髪にとって良い習慣を日常に取り入れて、身体の中から育毛していくことが大切です。
生活習慣の中で特に髪に良くない習慣は、栄養不足、睡眠不足、喫煙習慣、ストレスをため込む、運動不足、過度の飲酒などがあげられ、これらを改善するだけでも育毛ケアになっていくのです。

また、AGA治療薬を使用している場合も、その効果を最大限に発揮するためには生活習慣改善をはじめ、正しいスカルプケア+栄養バランスなどを同時に行わなければいけません。

生活習慣の改善はハードルが高く感じるかも知れません。
しかし、栄養バランスの改善は育毛の基礎であり誰にでも効果の高いハゲ対策法です。
まずは、出来そうなものから一つづつ改善していけば良いのです。
一度に全てはじめようと無理をせずに、継続できるものからコツコツと。
そして「髪に良い習慣」を「日常の習慣」にしてしまうのが育毛の近道です。

フィンペシアを服用して訪れる「初期脱毛」とは?

毛が抜けることによって、新しい毛が生えてくる

フィンペシア服用し始めたのに抜け毛が増えるケースがあります。

薄毛を治すために服用したのにこういった症状になる不安になりますよね。
なにしろ薬の効果とは逆行しているのですから。

シャンプーをしていたら、ごっそりと尋常ではない量の抜け毛が!
あの薬は、自分には合わないのでは?と疑心暗鬼になる人もいるかもしれません。

しかし安心してください。それは「初期脱毛」という症状です。AGAの治療においては、普通に訪れるもので、文字通り治療をはじめて比較的「初期」に起こる現象です。

「初期脱毛」はフィンペシアだけではなく、男性型脱毛症の治療に関する薬であれば、タブレット系でなくても、頭皮に塗布するスカルプエッセンス系のものも含めて、この症状は起こります。

「初期脱毛」とは、いずれ抜け落ちるのを待っている毛が抜けているだけで、そこから新しい毛が生えてくる準備をしている状態です。

つまりヘアサイクルを正常化しようとしている良い現象なのです。

このページの先頭へ